増加傾向?男性保育士になるためには・・・

「保母」から「保育士」へ

かつては女性の職業と言われていた「保母」から「保育士」という名称に変わり、近年は男性保育士の人数も少しずつではありますが増えてきました。ダイナミックな遊びを展開しお兄さん的存在の男性保育士は、男女を問わず子どもたちには非常に人気があります。子育ては女性がするものという考えから育児に協力的な男性をあらわす「イクメン」の存在が出てきたように、家庭だけではなく保育の現場にも男性の進出が見られるようになりました。

「保育士=保育園」だけではない勤務先

保育士資格があれば、保育園以外にも様々な勤務先があります。児童厚生施設や児童養護施設、児童自立支援施設なども対象です。保育というと赤ちゃんを思い浮かべる方が多いですが、実際には保育士資格の対象は赤ちゃんだけではありません。また障害を持った方のための「自動発達支援センター」などからの求人もあります。しかし給与と労働力が見合わないとの声も多く、男性が保育士として働き家族を養っていくのは厳しいことも事実です。

どこにやりがいを見つけるか?

日々の成長が著しい赤ちゃんと接せることができ、またやりがいのある仕事として「保育士」は素晴らしい仕事の1つであることは間違いありません。しかしまだまだ女性の職場であるイメージが強い「保育園」の求人へは、応募資格すらないこともあります。男性のお手洗いや、更衣室がないことも理由に挙げられます。赤ちゃんの成長を見守る・障害をもつ人の発達を支援をするなど、自分の希望の働き方の方向性を見極めることも大切です。

保育士の求人なら東京では、合同就職フェアで探すことができ、担当者から勤務形態や業務内容など詳細を教えてくれます。