生活はテンポ良くが一番!?バイトでお金を稼ぐには

バイトをする目的を考える

普段の食料品や娯楽品、通信費等の支払いにはほとんどの場合現金が必要です。そのためは働くことが最も簡単かつ基本的なことです。または世間との繋がりを保つためにバイトを行う場合も考えられます。このように、自分がバイトをする目的をはっきりとすることが重要です。ここから、毎月必要な金額を算出したり自分が働ける時間等を考えればいいと思います。特に目的もなく長時間のバイトをしてしまうと、自分の時間が無くなり働く目的が分からなくなってしまい、最悪の場合うつ病等の病気に罹ってしまう可能性があります。こうならないためにも最初から働ける時間や求める金額を設定しておきましょう。

短期間でガッツリ!?長期間でまったり!?

バイトで働く目的がはっきりと決まったらさっそくバイトを探しましょう。だらだら探していると気持ちが揺らいでしまいスタートが遅れてしまいます。次に「短時間でガッツリと稼ぐ」か「少し時間が掛かってもゆったりと稼ぐ」かを考えます。がっつりと稼ぎたい人は深夜手当てがあるところや基本給が高額なところを選ぶといいでしょう。または派遣業者等に登録しておき休日を使って働くという方法があります。ゆったりと働きたい人はシフトスケジュールに融通が利くところを選ぶといいでしょう。飲食店等の場合は一度”お客様”として行ってみて普段の忙しさや店員の雰囲気等を確認すると自分に合ったところを探しやすいです。

どんなにお金が必要でも健康が最優先

「バイクを買うために20万円貯める!」等の目標のために長時間労働を行い、身体を壊してしまっては意味がありません。病気をしてしまうと薬代や治療費等でバイトで稼いだ以上の出費があるからです。どうしても体調が優れずにいけない場合は速やかにお店や責任者に連絡をしましょう。怖くても無断欠勤は絶対にしてはいけません。しかし、連絡をし「病気でも来ないとダメだよ?」と言われてしまった場合は速やかにそこを辞めることをオススメします。所定の手続きを行い、次のバイトを求人誌やネット等で探しましょう。余暇にバイトを行う場合は目的をはっきりとし、自分の健康管理に気をつけるといいでしょう。

今の時代はIT社会です。これからも躍進確実なドコモの求人は必見です。今だからこそ、働くならドコモです。