保育士って何をするの?保育士のいつもの一日

保育士の基本的な仕事内容

保育士と聞くとどんなことをイメージするでしょうか。「子供と遊んでいるだけ」とか、「勤務時間が短い」なんていうイメージを抱いている人もいるかもしれません。もちろん、保育士の基本的な仕事内容は子供と遊ぶことですね。子供と一緒に遊ぶことによって、子供が健やかに育つことができるようサポートしてあげることが主な仕事です。とはいえ、保育士の一日はそんな単純には出来ていません。実際の保育士はどんなことをやっているのでしょうか。

保育士の朝はけっこう早い

多くの保育園では早朝保育を実施しています。そのため、保育士の朝はけっこう早いです。朝の7時くらいから子供のを与り始めるので、保育士はそれ以前に登園していなければなりません。そして、早朝保育以外のすべての子供が園に集まり終わるのがだいたい9時ごろです。このとき、保護者の方と離れるのが嫌でぐずってしまう子供も多いので、一日のうちでもかなり大変な時間帯なのです。すべての園児の登園が終わったら、点呼などを取りますが、このときも子供の様子に変化がないかをしっかりと見ておかければなりません。

保育士の日中や退園について

日中は主に園児とお遊びをするのが中心です。といって、ただ遊んでいればよいだけでなく、園児がけがをしないように注意を払っておかなければなりません。また、お昼寝の時間も休めるわけではありません。その日の園児の様子や出来事などを保護者向けの連絡帳に記録をしたりなどの事務作業が待っています。そして、退園のあとにも仕事はあり、翌日の保育の準備や行事の確認など、時には夜遅くまで働いていることもあります。このように、保育士の一日はとても大変なんですね。

求人情報誌や紹介所での保育士の求人もよく見られるが、最近では有資格者に喜ばれるより詳しい、専門のwebサイトもあり、やりがいや条件など細やかなマッチングを期待できる。